みんな楽しく幸せに
身体障碍者の雑記帳
心と身体

嘘のような本当の話

私が体験した奇遇なお話です。

今から25年くらい前にある1冊の本との出会いから始まりました。

真実のサイババという本です。そうです、あのインドのサイババについての本です。

なんか怪しい香りがしてきましたねー。そう思うあなたは正常です。

でも心配いりません。そんなたいそうな話じゃありませんから。

ひと通り本を読み終えてから、やはり疑問に残る部分がありました。

それは、サイババは神の化身だと言われていますが、本当にそうなのかという誰もが抱く疑問です。

ある日サイババに聞いてみたんです。

K:「あなたが本当に神の化身であるのなら、この私にもわかるように教えてください。」と自宅から一人ブツブツとお願いしてみたのです。

もちろん、その日は何事もなく過ぎ、眠りにつきました。

夢の話

よく晴れた日のことです。

私は彼女(現在の妻)とデートをしていました。

気分よく堤防添いの道を運転していると、突然警察官が出てきて車を止められました。

なんだろうと思いながら、車を止めて窓を開けると、警察官に「スピード違反ですよ、降りてきてください。」と言われ、ようやく状況が理解できました。

なんだよ、よりによってこんな日に、と思ったが起きた事実はどうにもならず、反則金のキップを切られました。そこで目が覚め、あー夢で良かったと安心したのでした。

現実の話

よく晴れは日のことです。

私は彼女とデートをしていました。

気分よく堤防添いの道を運転していて、私は彼女に話かけました。

「昨日夢で、この辺りを運転していてスピード違反で捕まったんだよなー。」

彼女の返事が返る間もなく、後方から白バイにサイレンを鳴らされ、「車を止めてください。」と言われました。さすがの私も今度はピンときました。「サイババの仕業だな、教えてくれてありがとう。」

反則金は痛いけど、それ相応以上の体験を得た私は複雑な気持ちでした。

補足しておきますが、私がスピード違反で捕まったのは、後にも先にもこの1回だけです。

考察

単なる偶然とは言えない。

確率で言えば極めて低い数値になるのではないでしょうか。

神の存在とかサイババが神の化身かとか、そんな事は私にはわからない。

だから肯定もしないし否定もできない。

私が思うには、この世界には何かとてつもない力が存在し、その中で人々は生きている。

とてつもない力は完璧がゆえに、より自然で多くの人が気づくことさえない、。ましてや理解など到底できるものではない。

そのとてつもない力(偉大なる存在)を、人々は神と呼んだのではないいだろうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA