みんな楽しく幸せに
身体障がい者の雑記帳
心と身体

他界

先日、父が亡くなりました。

それあは86歳の誕生日から3日後のことでした。

病気で入院していましたが、病死というより寿命がつきたという感じの去りかたでした。

状態が良くないと聞いて仕事を早退し、病院へと駆け付けましたが間に合いませんでした。

とても短時間で、おだやかな死だったょうです。

あっけない。それが第一印象です。

眠っているような父の額に手を置くとまだ暖かい。

気のせいか呼吸音が聞こえたので、父の顔に耳を近づけたがやはり呼吸はしていなかった。

そうかー、逝っちゃったんだ。今までありがとう。

私は親が亡くなっても決して涙は流さない、と思っていました。

ただ体を脱ぐだけで魂は永遠だから。

しかし、現実は・・・・。こみ上げるものがありました。

まだまだ修行が足りないですね。

その後はいろんな手続きで何かと忙しい日々を送っています。

1週間仕事を休みあちこち回っていましたがまさ終わっていないし、仕事も溜まっている。

ふと気づくと私自身のパワーが落ちている。

というか、周波数(波動)が落ちている。

これは、いかん。

いろんな人と接するうちに、重い波動に引っ張られたのだろうか。

なかなか元の位置に戻せない。

どんな時でも自分の位置に居たいのですが、どうしても環境や感情に左右される。

一言でいえば、自分の力量不足なんでしょうね。

あせっても仕方ないから、時が解決してくれるのを待とうかな。

というわけで生と死、理想と現実に向き合った時を過ごしていました。

あー、仙人への道は険しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA